【荒木式】断糖肉食ダイエットDVD 荒木裕 方法

運動で痩せるのが難しい理由

ダイエットするには運動が一番だと思っていませんか?
実は運動では痩せることが難しいのです。

 

 

ですが、多くの人は運動するといかにも大量のエネルギーを消費しているように思いがちですが、人間の1日に消費するカロリーの約7割は基礎代謝からなんですね。
運動などで体を動かすことで消費するカロリーは、実はその半分以下で3割程度しかありません。しかも、運動で痩せようとおもったら、トップアスリート並みのトレーニングを毎日こなさなければいけません。

 

 

運動で痩せにくい理由はここにあります。例えば1kgの脂肪は900キロカロリーに相当するのですが、体脂肪を1kg落とそうとしたら、ウオーキングだと東京から静岡あたりまでの170km歩かなければいけません。
しかも、口にしていいものは水だけなら、尚更出来る訳がありませんよね。

 

 

そして、1かロリーとは、1気圧での状態で1gの水の温度を1度上げるのに必要な熱量のことを言うので、人間なら体重の6割が水ですので、これを1度上げるのにはもの凄い熱量が必要になってきます。

 

 

私たちの体で、最もエネルギーを使ってるのが、眠っている時の体温維持に費やされるエネルギーです。そして、何と言っても体の中で一番エネルギーを消費するのは筋肉です。
寒ければ毛穴を閉じるなど体温を維持する為のカロリー消費量は筋肉が約7割も占めています。

 

 

ですが、裏を返せば加齢によって筋肉量が減ってくるとカロリー消費も落ちてくるという事です。
また、現代はエアコンなどの空調設備が普及していることもあり、昔は寒さから身を守る為に体温を上げるなどの調節をする為に基礎代謝を上げ、エネルギーを消費していましたが、現代は体温調節に昔ほどカロリーを消費しなくなりました。

 

 

昔はご飯(炭水化物)を多く摂取しても、エネルギーとして消費されたので、糖があまることはありませんでしたが、現代は、エネルギーとして使われる筈の余った糖は脂肪に変わって蓄えられるてしまいます。
以前と同じ量のご飯などの炭水化物(糖質)を摂れば、以前より多くのエネルギーが余るようになり、余った糖は全て体脂肪に変わり体に蓄えられてしまうのです。

 

 

したがって、現代人は、ご飯などの炭水化物を控え、肉を主食にし糖を摂らないことこそが、内臓脂肪などの蓄積を防ぎ、健康的に痩せることが出来るといっても過言ではないでしょう。

 

 

お腹いっぱい食べて、最短1か月でー10kg以上健康的に痩せられる方法!

 

             【荒木式】断糖肉食ダイエットDVDの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 断糖肉食ダイエットの基礎知識 断糖肉食ダイエットのやり方