【荒木式】断糖肉食ダイエットDVD 荒木裕 間食 やり方

【荒木式】断糖肉食ダイエット(DVD)では、間食などおやつも食べても構いません。

 

 

これまでのダイエットであれば、どんな方法でも間食はしないようにするということが内容に含まれていますが、この【荒木式】断糖肉食ダイエットは違います。

 

 

おやつも食べてもいいし、間食もOKです。
ですが、ケーキなどの糖を含むものではなく、お肉や魚、卵、豆腐などタンパク質をとるようにしましょう。

 

 

例えば、外出でお腹が空いて何か食べたくなくなったら、コンビニの菓子パンやお菓子、ケーキなどではなく、ハンバーガーの中身の肉だけを食べるようにします。
また、飲み物も、糖が水分で薄まっているので分かりにくいかも知れませんが、気をつける必要があります。

 

 

コーラーなどの炭酸飲料はもちろん、コーヒーや抹茶もNGです。
日常的に良く飲むお茶類も、コンビニや自販機などにたくさんの種類が置かれていますが、甘みがないからといって安心は出来ません。
これらのお茶は、植物の葉や実をすり潰したりもので、糖が必ず入っています。

 

 

コーヒは、豆をすり潰してでんぷんが剥きだしたものに熱湯を注いで入れた飲み物ですので、ブラックで飲んでも糖が含まれています。抹茶も同じ理由で飲まないようにしましょう。

 

 

ですが、日本茶やウーロン茶、紅茶、麦茶などは、葉や実をお湯で入れたり、煮だしただけなので、葉や実に含まれる糖質がとじ込められたままですし、葉自体にも糖質が少ないので、飲んでも構いません。

 

 

これまで、甘いものが好きな人にとっては糖をとることが習慣になっていますので、出来るのか不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、甘いものを食べない生活が当たり前になれば自然と欲しくなくなってきます。
実際に、ひとあしお先に断糖肉食ダイエット(断糖食)を行っている人でも、やる前は甘い物をやめられないという人も少なくありませんが、そんな方でも1,2か月も続けると自然と食べたくなくなると言います。

 

 

甘い糖がやめられないと言う人は、麻薬のように中毒になって習慣になっているようなものだと思います。
食事前にお腹がすく人には、脂肪分の少ない動物性食品なら間食が癖になっている人でも食べて構いませんので、おやつ代わりにすると良いでしょう。

 

 

間食もおやつもOK☆我慢せずに健康的に痩せられる方法!

 

             【荒木式】断糖肉食ダイエットDVDの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 断糖肉食ダイエットの基礎知識 断糖肉食ダイエットのやり方